貴方も「神人」(かみひと)に! 一緒に新世界を創り上げ 【神の国】の『役員』になりましょう!

世の元からの生き神様

世の元からの生き神が出現しなければ、「生き神様お揃いぞ」とはならない。
順次出現されると考えられる。

日月神示における「世の元からの生き神様」に関する記述は以下の通り。

出展帖内容
1天つ巻22帖(129)十柱の世の元からの活神様 御活動になりてゐること分りたであろうがな、けものの入れものには分るまいなれど、神の臣民にはよく分りてゐる筈ぞ。
2九二と巻29帖(166)旧九月までにはその御方お揃ひぞ、カのつく役員うらなり、タのつく役員おもてなり、うらおもてあると申してあらうがな、コトが大切ぞコトによりて伝へるのが神はうれしきぞ、文字は通基(つき)ぞ、このことよく心得よ。
3磐戸の巻14帖(250)生神の生味ははげしいから、今の内に綺麗に洗濯しておけと申すのざ
4アメの巻17帖(351)雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、百々(もも)の神様、世の元からの生神様、産土(うぶすな)の神様に御礼申せよ
5カゼの巻8帖(358)愈々のまことの先祖の、世の元からの生神、生き通しの神々様、雨の神、風の神、岩の神、荒の神、地震の神ぞ、スクリと現れなさりて、生き通しの荒神様 引連れて御活動に移ったのであるから、もうちともまたれん事になったぞ、神示に出したら直ぐに出て来るぞ、終りの始の神示ざぞ、夢々おろそかするでないぞ、キの神示ぢゃ、くどい様なれどあまり見せるでないぞ。
6カゼの巻9帖(359)元の根元の世より、も一つキの世にせなならんのざから、神々様にも見当取れんのぢゃ元の生神でないと、今度の御用出来んぞ。
7一八の巻10帖(375)改心の見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやるから、力添へ致してやるから、せめてそこまで磨いて下されよ。
8◯つりの巻3帖(407)旧九月八日からの誓(ちかひ)の言葉知らすぞ。五三体の大神様 五三体の大神様、天之日月の大神様、雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、地(クニ)の日月の大神様、世の元からの生神様、百々(もも)の神様の大前に、日々弥栄の大息吹、御守護弥栄に御礼申し上げます。この度の三千世界の御神業、弥が上にも、千万弥栄の御働き祈り上げます。三千世界の神々様、臣民人民一時も早く改心いたし大神様の御心に添ひ奉り、地(くに)の日月の神と成りなりて、全き務め果たします様 何卒(なにとぞ)御守護願ひ上げます。そがためこの身この霊(タマ)はいか様にでも御使ひ下さいませ、何卒三千世界の神々様、臣民人民が知らず知らずに犯しました罪、穢、過(あやまち)は、神直日大直日に見直し聞き直し下さいます様、特にお願ひ申し上げます。元つ神えみためえみため。
9◯つりの巻18帖(422)真中に御三体の大神様、御三体の大神様、天之日月の大神々様、地の日月の大神々様、雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、弥栄祀り結構ぞ、其の左に仏、基、マホメットの神様、世の元からの生神様、百々の神様、産土様、よきにまつり結構致し呉れよ、その右に地の日月の神々様、霊(たま)の諸々(もろもろ)の神様 厚く祀り呉れよ。
10黄金の巻19(530)元の活神が直接の、直々の守護を致す時来たぞ。気つけおくぞ。国々、所々、村々、家々、皆 何なりとしてめぐりだけの借銭済し致しくれよ。

◉出現した「世の元からの生き神様」

No.大日月地の神名ご神徳備考
1稚日女(ワカヒルメ)の神➡️天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)若く瑞々しい日の女神
2佐田の神御魂の神
興玉、死返しの玉
3うるなみずきの神南雲宮の主。真の真中を見通す
4ガブリエル伝える者
5鬼王(きおう) 素子(すし)修験の王
6玉依姫竜宮の乙姫
7草薙の皇尊➡️大国主神世の平穏を司る
8風天地王(ふうてんちおう)嵐尊(らんのみこと)風・空を支配する風神
9若日産須日(わかひむすび)神宇宙のあらゆるものを束ねる。又は結ぶ。
10天之十津川尊(あめのとつかわのみこと)川の流れを造る者
11天之水須来尊(あめのみすらいのみこと)天之眞名井の水
12天之水蛭女皇尊(あめのみなひるめすめらみこと)清流、湖、川を司る
13雷天地王(らいてんちおう)猛尊(たけるのみこと)天地の雷を司る雷神
14大歳神
15木花咲耶姫
16瀬織津姫神界
16御眞名井(みまない) 霧の神雨を降らす神神界
18水火産須日命+天ノ日月神+天ノ日月神➡️南雲鳳凰大神月日地の命+日月地の命
19水霧(みなぎり)の神水を司る水神神界
20海之淡渦島尊(うみのあわうずしまのみこと)海の神神界
21佐流那渡之大神(さるなどのおおかみ)雨を止める神神界
22火之迦具土右湧之神
(ひのかぐつちのうゆうのかみ)
火山の神
(世に出てからの神)
神界
23天照皇大神神界
24月讀命
25素戔嗚神界
26空海
27源頼朝(神武天皇転生)+政子(楊貴妃転生)➡️ヤマトタケル尊大和の先の尊
(神武天皇の閉じた神代が開けた)
28木花不死来咲夜姫(このはなのふしくるさくやひめ)真の岩永姫
29スハラの神真の大山祇の神
30地蔵尊真の地蔵菩薩
(人を救う)
31伊奘冉尊
32伊奘冉尊
33オオヒルメ尊
34サヨリ姫➡️大玉依神真の竜宮の乙姫
35イズミヨウフネ天之鳥船
最終更新日:2024.06.18
此の方・この方天詞様・てん詞様・てんし様素戔嗚・スサナル・須佐鳴艮金神・ウシトラコンジン国之常立神日月の神ミロク様
世の元からの生き神様初めの十柱根の国の神底の国の神九十の国の神石の国の神炎の国の神穴の国の神水の国の神

あなたは管理者のためできます
(このメッセージは管理者以外には表示されません)
Translate »